医療事務の適性(向き・不向き)

医療事務求人TOP >> 医療事務の転職の基礎 >> 医療事務の適性(向き・不向き)

医療事務の適性(向き・不向き)

医療事務は、病院の受け付けや医療費の計算、会計などが主な仕事です。また、必要に応じて患者に病院内を案内することもありますし、カルテを準備したり製薬会社の担当者の応対をすることもあります。入院施設のある病院であれば、入退院の手続きをしたり、患者さんに費用の説明をすることもあるでしょう。このような仕事をする医療事務は、向き不向きがあります。

医療事務の仕事に適した人というのは、まずは相手の気持ちが分かる人という点が挙げられるでしょう。病院を訪れるのは、体調を崩した患者さんが主なので、奉仕の精神を持って相手とコミュニケーションできる人が望まれます。体調が悪い時に親切に対応してもらえると、患者さんはそれだけで安心するものです。病院を訪れて最初に接するのが受け付けをする医療事務担当者なので、その対応は非常に重要なものがあるわけです。同時に、診察が終わって会計を済ませた際にも、丁寧に対応をしてもらえると患者さんはそれだけで精神的に楽になって帰宅できるものではないでしょうか。特に最近はどの医療機関でも待ち時間が長いことが問題となっており、待っている間にさらに体調が悪くなってしまうことも珍しくはありません。医療事務は、そのような患者さんの状況を汲み取って接することのできる人が向いているといえるでしょう。

また、医療費の計算などの仕事となると、今度は正確さとスピードが求められるようになります。期限までに提出しなければならない請求書が山のようにあっても、間違わずに素早処理していかなければならないのです。診療報酬明細書となると非常に細かい計算が必要となりますし、法改正に伴いさまざまなことが定期的に変更になるので、細かい作業や勉強が苦にならない人も向いているといって良いでしょう。それほど計算が得意である必要はありませんが、数字や計算に苦手意識のある人はやや不向きといえます。最低でも基本的な計算が間違わずに行えれば、医療事務の仕事に適しているといえます。

他にも、パソコン操作に問題ないことも必要です。診療報酬明細書の計算もカルテの作成も、現在ではほとんどの医療機関がパソコンで行うようになっています。また、患者さんの予約の調整をインターネットで行うところもありますし、取引先とメールでやり取りすることは非常に多いものです。パソコンがスムーズに操作できることは、医療事務の仕事には欠かせないことといって良いでしょう。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.