医療事務の求人倍率

医療事務求人TOP >> 医療事務の転職の基礎 >> 医療事務の求人倍率

医療事務の求人倍率

通信教育の種類はたくさんありますが、その中でも医療事務は非常に人気が高く、女性が長く続けられる職業としても知られています。しかし、医療事務を目指す女性の数は年々高まる傾向にあることから、求人倍率が非常に高いのが現状です。何社も受けたけれど結局1社も受からず、仕方なく別の職を探したという人も珍しくはないのです。

医療事務の仕事は国家資格ではありませんが、団体や法人が主催する資格試験などがあります。しかし、週に数回程度出席すれば3か月ほどで資格に合格するという、比較的簡単な部類に入る資格といって良いでしょう。このことから、受講者の数はかなり多く、資格取得者も増え続けているといわれています。しかし、高い人気に対して需要は決して伸びているわけではありません。1人の求人が出れば、条件の良いところともなれば応募者が殺到することもあり、採用されるのはかなり難しいといって良いでしょう。

しかも、求人の多くが経験者を優遇している傾向にあります。未経験者でも可能としている求人がないわけではありませんが、病院やクリニック側としては、同じ給料を払うのであればすぐに現場で活躍してくれる人に働いてもらいたいと思うのも無理はありません。医療事務ともなると、女性が長く勤めやすい職業ともいわれており、経験豊富な人の抜けた穴埋めをするのであれば、それ相応のレベルの人を採用したいと思うわけです。

また、医療事務は女性が長く勤めやすい職業であることから、なかなか辞めないために採用枠が非常に少ないことも求人倍率をあげる要因となっています。やっと見つかった就職口はそう簡単に手放さないものですし、景気が悪くなっても病院やクリニックはさほど影響を受けないことから、長年勤め続ける人が多いのです。結婚や出産を経て子育てしながら働く女性の数が増え続けているのは、医療事務以外でも同じことといえます。資格を取ったとしても、経験がほとんどない場合はかなりの苦戦を強いられることを覚悟しなければならないでしょう。

医療事務の仕事に就くためには、資格試験を取得する以外にも、いくつかの有効手段があります。例えば、医療事務関係の資格で唯一、厚生労働省が認可している「診療報酬請求事務能力認定試験」に挑戦してみるのも一つの方法です。現役の医療事務従事者が目指すというハイレベルの内容ではありますが、取得すれば給与がアップする求人もあるので、転職には大きな武器となるに違いありません。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.