医療事務の面接対策

医療事務求人TOP >> 医療事務の転職の基礎 >> 医療事務の面接対策

医療事務の面接対策

医療事務の採用試験ですが、どこでも最終的には面接試験を行ってその結果次第で採用の合否を判断します。面接試験ではいくつか定番の質問がありますので、その質問に対する答えはしっかり準備してスムーズに答えられるように準備しておきましょう。

まず医療事務の面接でほぼ確実に質問されるのは、医療事務の志望動機です。なぜ医療事務の仕事をやりたいのか、その理由を明確にしておきましょう。医療事務を志すようになった、何かしらのきっかけがあるはずです。そのきっかけとなるエピソードを用いながら、なぜ医療事務の仕事をしたいのか他の人が聞いていて納得できるような理由を作成しましょう。インターネットで紹介されているようなありきたりのものではなく、オリジナルの文章を作成することが大事です。

続いて多いのが、「なぜこの職場で仕事をしたいのか?」というものです。この質問に対する答えを考えるにあたって、応募した病院などの情報を収集することです。たとえばホームページなどを見てみると運営方針やポリシーなどが記載されています。その考え方の中で共鳴できるところはないか、自分が医療事務として仕事をするにあたって大切にしていることなどと一致する箇所はないかなどと考えてみましょう。このようなホームページを見ながら志望動機をこたえると、相手も自分たちの目指すビジョンと一致している人材ではないかといった印象を与えることができます。

転職活動をするにあたって、ほぼ確実に質問されるのは前職の退職理由です。面接官としてみれば、これから共に仕事をするかもしれない人のそれまでの足跡などもある程度知りたいと思っている人も多いでしょう。特に前の職場をなぜ辞めたのかを聞くことで、採用してもすぐに辞めてしまうことがないかをチェックします。前の職場を辞めた理由としていただけないのは、ネガティブな理由です。「給料に不満があった」とか「職場の人間関係に嫌気がさした」といった理由はたとえそうでもそのまま答えると、相手の印象はマイナスになりがちです。「医療事務としてもっといろいろな仕事にチャレンジしたいから」とか「前は異なる仕事をしていましたがどうしても医療事務の仕事をやってみたかったから」といった前向きな理由の方が、面接官の印象も良くなります。このように自分で面接の定番の質問に対する答えを考えておくと良いでしょう。そして自分で実際に音読してみて、簡潔に仕上がっているかどうかもチェックしてみることです。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2017 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.