精神科病院の医療事務求人

医療事務求人TOP >> 勤務先別の医療事務求人 >> 精神科病院の医療事務求人

精神科病院の医療事務求人

精神科病院には、精神疾患を患っている方や、その家族や身内などが不安や心配など、悩みを抱えて来院されます。医療事務員は、病院の顔と呼ばれており、窓口での対応は、その病院やクリニックなどの第一印象に繋がる可能性があるため、どこの医療機関でも慣れるまでは大変な業務かと思いますが、精神科は他の診療科と比べると、特に対応の難しさがあります。

患者さんのことを考えながら、良かれと思った対応やかけたちょっとした言葉が、逆に嫌な気持ちにさせてしまい、落ち込んだ経験のある方はいるかと思います。面会の対応についても、面会制限がある患者さんも入院されるため、ドクターや看護師の指示の元、臨機応変に対応しなければなりません。また、電話応対も大変な業務の一つです。精神科の病院には、医療相談員も在籍しており、相談の電話がかかってきますし、他の精神科の病院のドクターからもかかってくる場合があるため、この場合も臨機応変さが必要となってきます。

その他にも、入院手続き業務を医療事務員が担うところもあります。説明する能力は、どこの医療機関も必要となりますが、精神科は特に、退院後に聞いていないなどのトラブルに繋がる可能性があるため、一つ一つ丁寧にわかりやすく説明する必要があります。入院形態も、医療保護入院や任意入院、措置入院などさまざまで、医療費の請求方法が一般のものと違う入院形態があります。また、入院形態がさまざまなため、扱う書類の種類の多さも豊富です。そのため、そういった精神科にしかない、特殊な知識も身につけなければなりません。

精神疾患の患者さんは、入退院を繰り返す方もいます。精神科にとって、発症から経過が特に重要視されるようですから、カルテの数も多く、扱いも大変のようです。レセプト業務においても、他の診療科と比べ、精神科は薬の種類が多く特殊であることや、似ている薬品名もあるため、苦戦することがあるようです。精神科特有の仕事内容もありますので、覚えることも多いと思いますが、たくさんの知識が身につくことができますので、やりがいを感じられると思います。

また、医療事務員としての基本的な業務は、他の診療科とあまり差はないかと思いますので、経験を積むことでこなしていける仕事内容かと思います。規模の大きな病院も精神科を標榜しているところもありますし、個人病院でもあります。仕事内容の多さは、医療機関によって異なると思います。

求人情報によっては内容が詳しく書かれていないものがありますので、就職活動する上で不安な方は、転職サイトであれば、業務内容などが書いてありますので、便利な求人サイトを利用し、自分の興味ある医療機関を探してみると良いと思います。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2017 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.