救急診療施設の医療事務求人

医療事務求人TOP >> 勤務先別の医療事務求人 >> 救急診療施設の医療事務求人

救急診療施設の医療事務求人

医療事務の求人を出している所を見てみると、日本全国的に多いのが救急診療施設です。救急診療施設の募集はたびたび見られますし、「未経験者でも歓迎」と書かれている求人も少なくありません。実際社会人としての最低限の礼儀とビジネスマナーを持っていれば採用される可能性は、十分あるといえます。しかし入職するのは簡単かもしれませんが、仕事は大変であることが多いので覚悟しておいた方が良いでしょう。

救急診療施設というのはたいていのところで、24時間いるでも救急患者を受け入れられるような態勢を整えています。夜間や早朝救急車などで担ぎ込まれる患者の治療なども行っています。彼らが治療を終えて帰宅することもありますが、その際には治療費を請求する必要があります。つまり医療事務も月に何度か夜勤を担当する必要があります。また地域に数少ない救急診療施設であれば、救急患者はそこにほとんどが搬送される形になります。そうなると医療スタッフはもちろんですが、医療事務の業務量もどうしても多くなります。その結果、勤務時間は長くなり、かなり仕事もハードになる恐れもあります。

夜勤を担当しないといけない、業務量が多く残業ももしかすると長時間強いられることもあるかもしれません。このような環境で仕事をするため、救急診療施設の医療事務の離職率は高めの傾向が見られます。ハードな職場なので、救急診療施設では新卒の若い医療事務を採用することが多いです。しかし新卒の医療事務の場合、上で紹介した仕事のハードさについていけずに短期間で離職するケースも珍しくはありません。このように人の入れ替わりが激しいので、救急診療施設では頻繁に医療事務の募集を出しているわけです。

また医療事務の仕事をしている人を男女比で見てみると、女性の方が多い職種といえます。男性で医療事務の資格を持っているけれども、なかなか就職先が見つからないという人もいるでしょう。その場合には、救急診療施設の求人情報にターゲットを絞ってみるやり方もありです。夜勤を担当するなど、肉体的にけっこうハードな救急診療施設の医療事務には、体力が女性と比較するとある男性を求める傾向があるからです。実際救急診療施設の受付を見てみると、男性スタッフが数多くいる光景も決して珍しいことではないです。

救急診療施設は慢性的な人材不足に陥っているので、未経験者でもOKとしている案件も見られます。しかし医療事務の実務経験があった方が望ましいので、面接の時にはキャリアのある人は自分の経験をしっかりとアピールしておきたいところです。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2017 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.