離職率が低い医療事務求人

医療事務求人TOP >> 条件別の医療事務求人 >> 離職率が低い医療事務求人

離職率が低い医療事務求人

医療事務の離職率ですが、どこで勤務するかによって変わってきます。大規模の総合病院の場合、福利厚生もしっかりしていて安定して働けそうなイメージがあるので、離職率は低いという印象があるかもしれません。しかしこのような大きな総合病院の方が離職率は高めになる傾向があります。

なぜ経営基盤のしっかりした総合病院の医療事務になると離職してしまうかですが、まず人間関係が関係しています。大きな病院となるとそれだけ多くのスタッフが現場で仕事をしています。中にはどうも相性の合わない人がいるケースもあるでしょうし、病院内に派閥のようなものができていて、その板挟みにあって精神的なストレスを抱え込むというケースもあるでしょう。また病院で勤務する場合、残業などで長時間労働を強いられる傾向も見られます。医療事務も例外ではなく、自分の時間を持てないというところに不満を感じる人も見られます。患者や家族からのクレームが多くて、それで嫌気がさしてしまって辞めるという事例もあるようです。このように環境的な問題もあって、大きな病院の場合比較的離職率が高くなります。

もし大きな病院で福利厚生などのバックアップをしっかりしたところで仕事をしてみたいと思っている医療事務の人がいれば、病院見学してみることがおすすめです。職場の雰囲気などは求人情報を見ているだけでは、なかなかイメージがわかないでしょう。病院を実際に見学すれば、スタッフ同士の意思疎通がきちんと取れているかとか、患者と病院スタッフの関係性がどうかといったこともよくわかります。自分がその職場の中に入って、気持ちよく仕事ができそうかしっかり確認して、転職先を決めると良いでしょう。

離職率の低い病院で医療事務として仕事をしたいと思っているのであれば、患者の口コミをチェックしてみると良いでしょう。患者と医療事務とでは立場が違うではないかというかもしれませんが、患者のケアやサポートのしっかり行き届いているところは、病院スタッフのこともしっかり考えている傾向があります。医療事務に対しても親切で、無理なく仕事ができるようにいろいろと配慮してくれています。ですから長期間勤続できる可能性が高く、離職率も低くなるでしょう。

医療事務は女性の方も多いでしょう。その場合もし出産したことになった場合、産休や育休などのバックアップがきちんと行われるかどうかも確認しておきましょう。女性の場合、このようなサポートがなくて離職するパターンも考えられるからです。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2017 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.