英語を活かせる医療事務求人

医療事務求人TOP >> 条件別の医療事務求人 >> 英語を活かせる医療事務求人

英語を活かせる医療事務求人

日本に住む外国人の方が増えてきている現代であるので、もちろん医療機関を利用する外国人の方々もたくさんいると思います。その場合に必要となるのが英語を話すことのできる能力です。病院やクリニックに受診する際には、まず窓口で受付が必要になります。そのため、ドクターや看護師だけではなく、医療事務員にも英語が話せるスキルが必要になってくると思います。

医療機関の窓口で、当院には、英語を話すことのできる職員が在籍しております。何かございましたら、受付までお申し出くださいという張り紙を目にする方も多いことでしょう。 英語を話せるという能力があるということが、就職活動する上での強みの一つとなると思います。現代においては、医療事務の仕事をする上で、英語を話せるという能力が必須とはなっていませんし、そのスキルがなくても、医療事務員として活躍されている方がほとんどかと思います。

なぜなら、日本語が話せる外国人の方もたくさんいますし、家族や身近に日本語を話せる方がいることもありますので、その方が代わりに通訳してくれることから、受付する上で困る医療事務員が、あまりいないということが挙げられるためです。ですが、これからは医療事務員にも、英語力が求められる時代に変わってくると思います。 その理由として、外国人患者受入れ医療機関認証制度という制度が設けられており、今はまだその制度を導入している医療機関は、東京都の医療機関だけしかありませんが、これからは他の都道府県にも広まってくると考えられるためです。

この制度がどんどん広がっていけば、英語力を活かしながら、医療事務員として働いていける医療機関が今以上に広がってくると思います。その他にも、英語のスキルが発揮できるものがあります。それは、医療秘書という業務です。医療秘書は医療機関に設置されているところと、設置されていないところがあるため、全てではありませんし、それぞれの医療機関で、業務内容が変わってきてしまいますので、全ての秘書業務に必要とされる能力ではないのが現状です。

ですが中には、通訳ができる人材を求めているところもあり、英会話が必須という医療機関があるようです。求人情報サイトや転職サイトなどに載っている求人情報には、仕事内容や必須項目が書かれていますし、その中でも英語力が活かせる求人情報があると思いますので、幅広く探してみることが大切です。

医療事務求人はどこに!?大手サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2017 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.