医療事務求人ランキング【※医療系転職は大手サイトで成功!】

医療事務の求人を効率的に見つけるには

医療事務の仕事は受付から一般・医療事務、レセプト業務など多岐にわたり、資格が必要なことから専門性の高い職業です。ただ求人応募者も多くそこまで求人が見つかりやすいわけではないです。転職を考える際には、ぜひ専門の転職サイトを利用しましょう。

医療事務の転職で転職サイトを使うのを勧める理由の一つとして、サポートしてくれるスタッフが医療に詳しいので、専門的な相談も対応してもらえる点があります。リクルートエージェントで、その上、非公開求人も豊富なので、初心者にも安心の転職サイトです。

医療事務求人はどこに!?大手5サイトをまず使うべし!

リクルートエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・リクルートエージェントは医療事務も含め大半の職種の転職をサポート可能で1位を獲得中!
  • ・知名度は意外と重要です。利用したら安心できます。コンサルタントの質もサイト規模に比例!?
  • ・医療事務の職歴を持って転職可能な就職先を幅広に紹介できるので可能性は広がります!

マイナビエージェント
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・マイナビエージェントも国民的なエージェントです!医療事務の求人もあるので併用もオススメ!
  • ・医療事務という意味では求人数はリクルートに劣りますが第二番手を決めるならやっぱりココ!
  • ・1位のリクルートもそうですが0円で使えます。そういう意味ではサイト併用の人も多いです!

DODA
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★
運営会社 株式会社インテリジェンス
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・インテリジェンスDODAは派遣なども含めて人材系全般で強いサイトで当サイトでも第3位に!
  • ・医療事務はなかなか好条件の求人がないような記事も多いですがDODAは意外と好条件多いです!
  • ・リクルートもマイナビもそうですがDODAも全国エリアで対応できるので使いやすいです!

type
利用料金 無料
医療事務の求人数 ★★★★
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・typeが4位の理由は対応エリアです。東京・神奈川・埼玉・千葉の都心部に限られます。
  • ・医療事務の求人もありますがエリアが上記です。上記エリアのみでみるとそこそこの求人数。
  • ・JRの電車広告やWeb広告など露出は多く登録者は多いです。都心近辺の方はオススメです。

医療事務の求人市場の現状

医療事務の求人市場の現状は、まず医療事務は、診療所、病院、調剤薬局、歯科医院など、働く場がたくさんあるのに対し、実際の求人情報数や需要数よりも、資格取得者や就職を希望する人が上回っており、1つの求人情報にたくさんのエントリーがあるために、近年求人情報の倍率がかなり高くなってきています。

それは、医療事務の資格取得には通信講座、通学講座、専門学校への進学、独学など様々な方法があり、民間の資格なので国家資格に比べ、比較的簡単に取得することができるため、医療事務の就職を目指す人が増え続けているからです。中には、新卒者向けや未経験者歓迎という求人情報もありますが、今医療現場から必要とされている医療事務員の多くは、3年以上の勤務経験がある、実務経験者という傾向が強くなってきています。

その理由として、毎日多くの患者さんが受診にくること、医師や看護師など他の職種との関わりが多いことから、目配りや気配り、素早さ、正確さが求められること、また、医療事務員は病院の顔であり、コミュニケーション能力がとても必要となることが挙げられます。そのために、即戦力となる人材が求められているのです。

近年、医療事務の資格が以前よりもあまり重要視されていないのが現状で、求人情報の半数以上が、資格取得者よりも、経験者優遇とされているものが多く、資格を持っていなくても医療機関で活躍している方々がいる今、資格を持っているということだけでは、なかなか就職することが難しくなってきています。 その他にも、医療事務は年齢や性別を問わない職種の一つであり、勤務形態も、正社員、派遣社員、パート、アルバイトなど様々で選択肢が多いことから、自分のライフサイクルに合わせて働くことができるため、結婚後や出産後も再就職し易く、求人枠が厳しい状況にあると考えられます。

ただ、こちらの求人サイトは他の求人サイトと比較すると、求人数は多いですし、仕事内容についても、大まかなことしか書かれていないのが多い中で、始めて就職活動する方にとっては、不安な部分も、こちらはしっかりと書かれてあるので、イメージしやすく自分に合った求人を探すことができると思います。 就職活動する上でも、様々な医療事務の仕事の中から自分に合う仕事を見つけるのにも、医療事務の資格一つだけ持っているよりも、医療事務に関連した資格を組み合わせて取得すると良いと思います。

例えば、最近注目されている、医師事務作業補助技能認定試験。これは、医師の事務作業を補助するお仕事、ドクターズクラークに必要となる資格です。その他にも、医療事務関連の数ある資格の中でも唯一、国家認定試験である、診療報酬請求事務能力認定試験があります。

難易度は高くはなってきてしまいますが、医療事務のイメージである、受付、会計だけではなく、医療事務という仕事はとても幅広いので、W資格取得することで、求人の視野も広がっていくと思います。


Copyright (C) 2014-2016 医療事務求人ランキング All Rights Reserved.